フォト
無料ブログはココログ

趣味

2008年4月15日 (火)

2,貸し陶芸窯

陶芸の窯を貸します。

陶芸を習得しても一般の方達は、素焼きから本焼きが出来ない、これは陶芸窯がなかなか持てない実情があるからだと思うのです。

陶芸窯を設置して考える事がある、先ず作業場が必要である、次に釜の設置スペースの確保である、いずれもある程度の設備と作業をする

環境がないと無理である、そして素焼き本焼きの手順を考えると作品の乾燥や保管場所が要る、さらに焼成する場合の火気取り扱いに関す

る配慮と環境や対策が必要である、これらの条件は絶対に必要で避けられない、好きで始めたアマチュアもこの辺りが苦慮する所で、プロとし

て成り立ちにくい壁があるのだ、ある程度の所で妥協してしまう多くの陶芸家を志した人達がいることは残念である。

素焼き、釉薬掛け、本焼きのプロセスを考えた作品作りと火加減などを自ら体験出来る事は非常に有益である。

陶芸窯を有効に活用して、さらに陶芸の楽しさや奥深さを体験して戴ければ、私も望外の喜びである。

Cimg2469 陶芸窯の扉を開く

テストで焼きました

創作作品

抹茶茶碗

皿、他

Cimg24682_2 陶芸窯外観

Cimg2408 この壁面は私がデザイン

して自分で制作しました

Cimg2423 昨年9月初窯のテスト

これから火入れです

窯の詳細は前頁です

Cimg2507 庭の一部

Cimg2505 我が家の庭の一部

場所は東京駅から電車で約1時間の閑静な田舎です、風光明媚な高台の1軒屋です、駐車場もあります、週末にゆったりと陶芸を楽しみたい方には、最高の環境です、希望されれば畑も使えますし、直ぐ近くに川もあり釣りも楽しめますし、また温泉もあります、生活には不便はありません。

  住所   千葉県八千代市佐山138                           

  貸主   小高 弘之(オダカ ヒロユキ)

  電話   047-488-1590

  携帯   080-500-74672(こちらを)

  メール  eydru167@ybb.ne.jp

受付 

4月から希望する方やグループの方にお受けいたしております、 遠慮なく電話またはメールで費用や日程などを問い合わせてください。

2008年4月14日 (月)

1,貸し陶芸窯

私は画家、彫刻家です、永い間創作陶芸をやりたくて、昨年の9月に作業場と陶芸窯を新設しました、念願叶い、素焼きと本焼きをテストして

から、サーこれからが本番と張り切っていた所がアクシデントに見舞われてしまいました、脳梗塞でした、非常に残念です、幸い早く対処出来

たので、後遺症などの障害は無く、日常生活が出来るまで回復してきました、大事を取って当分の間はジッと我慢の子です、しかたありませ

ん。なので、陶芸の好きな方々に単発で陶芸窯をお貸しをしたいと思っています、2~3人の仲間でお使いになられると楽しいと思います。

陶芸の楽しみは、自分でロクロを挽き、釉薬をかけ、火加減を調整しながら焼く楽しみを味わう事が出来るのが最高です。

この陶芸窯はその目的で作りました、勿論宿泊設備から駐車場や畑も少しあります、ご自由にお使いになって結構です。

アトリエが別にありますので、こちらの方で絵画と彫刻の塾の生徒を指導して行きたいと考えています。

Cimg2466_6 陶芸窯の外観です

(株)新柳北信 製

やいた炉16f-1 

新型灯油窯

Cimg2470_2 扉を開いた所

炉内寸法

575x470x535

Cimg2467_2

右側の壁面

私がデザイン制作

Cimg2504_5 陶芸窯の設備外観

奥が作業場

右が宿泊設

Cimg2512_3 家の直ぐ下の景色

稲荷神社を祭る

場所は東京駅から電車で約1時間の閑静な田舎です、風光明媚な高台の1軒屋です、駐車場もあります、週末にゆったりと陶芸を楽しみたい方には、最高の環境です、希望されれば畑も使えますし、直ぐ近くに川もあり釣りも楽しめますし、また温泉もあります、生活には不便はありません。

  住所   千葉県八千代市佐山138                           

  貸主   小高 弘之(オダカ ヒロユキ)

  電話   047-488-1590

  携帯   080-500-74672(こちらを)

  メール  eydru167@ybb.ne.jp

受付 

4月から希望する方やグループの方にお受けいたしております、 遠慮なく電話またはメールで費用や日程などを問い合わせてください。

その他のカテゴリー